2015年8月25日火曜日

マイナンバー実務 と 消費税増税の経過措置について

来月の平成27年10月からマイナンバーが国民1人1人に通知されます。事業者は、税や社会保障の手続きのために、従業員など個人番号の通知を受けている本人から、あらかじめ番号を 収集するほか利用や保管、安全管理などの場面で、法律に則った適切な実務が必要となってまいります。
また、皆様ご承知の通り平成29年4月には消費税率が8%から10%に増税される予定です。特に、請負工事やリース取引などについては経過措置が用意されておりますので、その内容を十分理解し、有利な選択として適用するかどうかの判断も必要となってまいります。【※工事等の請負契約について、平成28年9月末日までに契約を締結した場合、平成29年4月以降の引き渡しとなった場合でも旧税率が適用されるなど】
いずれについても事前に十分な対応をしておかなければ、顧客や取引先、従業員などとの関係上、トラブルになりかねません。是非この機会をご活用ください。


【日 時】 平成27年9月28日(月)14:00~16:00
【場 所】網走セントラルホテル(網走市南2条西3丁目)
【定 員】 30名 (定員に達し次第締め切り)
【申込方法】 網走商工会議所までご連絡ください。
【受講料】無料
【主 催】網走商工会議所
【内 容】
1.マイナンバー実務(14:00~15:00)
2.消費税率増税の経過措置(15:00~16:00)
【講 師】
税理士法人 北翔会計 代表社員
藤原 誉康 公認会計士   


0 件のコメント:

コメントを投稿